山林のサイト - 普通に家が欲しい!


*不動産の取引は慎重に!正確な情報は専門家に聞いて、ご自身の責任において判断してください。
山林という土地 山林を売買するには? 不動産としての山林 山の木の見分け方、種類、価格 山林を買ったら崖!崖崩れ防止擁壁の種類 山林を購入した後は?
山林の水資源とは? 山林の崖、地層 動物たちが住んでいる山林 山林を買っても? 綺麗な山林を保つ 山林は観光資源?


山林の水資源とは?

山林の水資源とは?






水資源という言葉よく聞かれます。

日本は水が豊富な国だと言えます。

それは何もしなくても、湧き水が至るところから湧き出してきたからです。また、少し地面を掘ると地下水もあり、井戸を作ることで 飲水が確保出来ました。

そのため、日本では水は比較的、自由に大量に使えるイメージがありました。

世界の水資源という意味では、よく、干ばつの激しい地域が取り上げられますが、熱帯地域の乾燥した砂漠のような場所では水が足りません。

それはもちろんです。そういうところと比較してもあまり意味がなく、ましてやそういうところに水を輸出して売るということもあまり現実的ではないように 思えます。

水だけを運んでも物凄い重さになり、船で輸送しても割に合わない金額になるのではないかと思われます。PETボトル入の水を砂漠地域に送っても、 高価過ぎて需要がありません。

では、日本では水資源のことを考えなくていいじゃないか?と、思われます。

それは違っていて、日本が水がたくさん豊富にあるのは、山があるからなのです。

山に降った水が地面を伝い、小川となり、大きな川となったものを水道水として使っているのです。

また、湧き水や地下水は山や谷の部分に降って集まってきた雨が地面に染みこみ、長い時間かけて、地下の水源に 溜まってできるもので、山を崩して、全部アスファルトの地面にして、雨水を流す下水道を整備したら、一切地面に水は染み込みません。

地下水に頼る量は少ないと思いますが、川へ流れ込む水資源は大事です。

ダムに溜まっている水があとどれくらいか?ということが毎年、夏に公表されています。

近頃では、温暖化の影響で、、、とよく言われていますが、

むしろ、寒冷化して氷河期に突入しているという意見もあります。

わかると思いますが、冬は雨はあまり降りません。乾燥しています。夏の方が雨がよくふります。夏の後半のことではなく、 梅雨入り頃からの総雨量です。

夏ごろに降る雨が重要な水資源なのだと推測されます。

もし、氷河期になれば、はじめは、夏は暑く、冬は寒くという状態を繰り返すようですが、

冬のような気候が長くなったとすれば、雨は少なくなります。そうなると、実は寒いのに水不足となってしまいます。

そもそも寒いとあまり水も使わないかということもありますが、この国には関係ないということでもないようです。











おすすめのページ

山の木の見分け方、種類、価格−立ち木の価格、材木の種類

高度経済成長期から上昇して、バブル期の少し前をピークに下がり続けています。平成20年の価格と、昭和30年の価格が同じでは明らかにおかしいです。 いくらデフレが進んだとはいえ、平成20年の物価と昭和30年の物価では10倍くらいの違いがありますので、昭和30年の価値で換算すると、スギが316.4円ということで、昭和30年の時の10分の1以下に下がったといえるのかもしれません。 これでは、人件費は高いままなのに、どうしようもありません。たとえ、これだけ木材自体の値段がさがったとしても、海外から輸入される木材にまけるわけです。材木の価格とは、ほぼ人件費だとも言えるのかもしれません。

山林の崖、地層

山といえば、山土です。 これは園芸用土として有名です。 必ず、必要とされてきます。土は資産です。土ができるためには、火山灰土が細かく砕かれて、それに有機物が混じってできていきます。 土が作られていく過程は、山の中で見ることができます。 秋になり、落ち葉が落ちて、小さい昆虫や、微生物に分解されて、それが土壌を豊かにし、また、翌年、木が成長するための栄養となります。 そうしていくうちに、木々が大きく育ち、たくさんの葉を茂らせて、豊富な有機物を堆積させていきます。 これが、何百年と続いていき、やっと、山の土が出来上がります。

山林の売買−山を買う方法、購入するには?

山林を売買する方法、買うためにはまず何を調べなければいけないのか? 山林を売買するにあたり、特に買う場合においては、調べることが山積みです。できれば専門家に相談しながら行うのが一番いいのですが、それでも、自分で調べる、探すことから始まりますし、任せっきりではあまりよくありません。 何を調べればいいのかを調べるところから始まります。。山林を探す方法について まず、山林を探します。これが一番大事です。できれば、インターネットで業者が見ているような情報を見れたらいいのですが、そういうものはそもそも山林という土地では需要が非常に少ないため、皆無に等しいです。ただ、いくつかの企業が山林を専門に不動産情報を提供しているものがあります。また、少ないですが、公的な機関から買える山林の情報が出ていたりすることもあります。

山林を買ったら崖!崖崩れ防止擁壁の種類

山林は山だけあって、斜面になっています。通常はなだらかな斜面となり、それが平地へと続いていくのですが、それほど広大な山林があるほうが 少なく、だいたいは、山林を一部切り崩して、道路にしたり、宅地にしたりしています。そういうところでは、斜面は直角に近い角度で切り取られています。 切り崩す時は造成工事が必要となります。 許可もいります。山を単純に一部、垂直に削りとるだけなら、岩山でもない限りは作業自体は簡単にできてしまいます。柔らかい黒土でできているわけですから。

山林を競売で - 競売物件が安い理由とは?

山林を競売物件で手に入れるという方法です。 競売物件検索サイトがあります。 そこでは、 条件を付けて検索して、条件にあった物件があるとメールで通知がくるようにもできます。 これはすごいことですね。毎週のように新しい山林がどんどんと競売にかけられていきます。それが見れるわけですから時代も進歩しました。








おすすめの商品



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOG HOUSE MAGAZINE (ログハウスマガジン) 2016年 11月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バロB ログ壁92mm(約7.7坪)
価格:3266000円(税込、送料別) (2016/11/27時点)






大根デジタルトマトフィルム現像レトロ写真の撮り方クロスバイク普及委員会壁のサイト


(C) 山林のサイト All Rights Reserved.