山林のサイト - 普通に家が欲しい!


*不動産の取引は慎重に!正確な情報は専門家に聞いて、ご自身の責任において判断してください。
山林という土地 山林を売買するには? 不動産としての山林 山の木の見分け方、種類、価格 山林を買ったら崖!崖崩れ防止擁壁の種類 山林を購入した後は?
山林の水資源とは? 山林の崖、地層 動物たちが住んでいる山林 山林を買っても? 綺麗な山林を保つ 山林は観光資源?
山林という土地
地目が山林
安い山林土地はどう?
田舎の山林の土地
山林の土地整備
山林とはどんな土地か?


山林という土地

 

 山林という土地は、ここではおおまかにいって山という意味で、地目が山林であることにこだわってはいません。

一般的には、「山林」というと、本当の山である森林であったり、里山の雑木林や、ほとんど平地と変わりないけれど家が建てられない土地、そのような一般的には住居としては使えない土地を総称して山林とします。ただし、農地は除外します。農地は本当に規制が厳しくて、親戚が農家でも無い限り難しいのではないかと思ってしまいます。
農業振興地域というのがあって農地でなくても、農業にしか使ってはいけないというのです。そこは、倉庫などの資材置き場にしてもいけないのだそうです。ましてや建築系や工業系の工場にもできません。でも、なにかが建ってるところもあります。それも今はどうかわかりません。大きく法律が数回改正されていて、たしか昭和40年代の改正がとても大きいみたいなことをJAの人が言っていました。

それはさておき、ここではそういうもの以外の土地をここでいっています。それがまず、大事です。都会で家が建っているのに、地目が山林であるなどという土地は該当しません。

本当に山もしくは林というのが前提です。木が生えています。電気ガス水道はありません。そういう土地を探しています。もはや、道路なんてありません。ただ、林の中を人が通れるように誰かが親切に道を切り開いてくれているのでそれを使わせてもらうのです。接道があるとかないとかもあまり重要ではありません。むしろ、隣の人に言って、通行させてくれっていうだけです。それでお土産でも持っていくようなかんじです。その程度の感覚でいられないとやってられません。ダメかも知れません。山ですから。
荒れ果てて自然を取り戻して豊かな生態系を育んでいるそういう日本古来の自然のあり方がそこにはあるかもしれません。そこには昔は当たり前にいた、たぬきやイノシシやクマなどがいるかもしれません。本来の日本列島という温帯性気候が育んだ自然の姿がそこにはあるのです。

本来の土地というのは、山林のような姿をしていたのです。それを人間が全て形を変えていってしまったのです。もちろん、それだけ人間にはありがたいことが増えました。しかし、山をみずして将来は見えないとも思います。人の原点ともいえる場所かもしれません。日本は山だらけで、国土の周りには広大な海が広がり、生物資源が豊富にあります。それでこれだけ人口が増えたのかも知れません。資源がないといいつつも、食べ物だけは、魚などいまだに狩猟生活に頼っている割合が多いくらいです。それほどまでに、思っていた以上に、自然が豊かな場所だったということに気がつくかも知れません。近代的な生活スタイルが一番だとする考え方や価値観がベストだとは言い切れないかも知れません。



おすすめのページ

山の木の見分け方、種類、価格−立ち木の価格、材木の種類

高度経済成長期から上昇して、バブル期の少し前をピークに下がり続けています。平成20年の価格と、昭和30年の価格が同じでは明らかにおかしいです。 いくらデフレが進んだとはいえ、平成20年の物価と昭和30年の物価では10倍くらいの違いがありますので、昭和30年の価値で換算すると、スギが316.4円ということで、昭和30年の時の10分の1以下に下がったといえるのかもしれません。 これでは、人件費は高いままなのに、どうしようもありません。たとえ、これだけ木材自体の値段がさがったとしても、海外から輸入される木材にまけるわけです。材木の価格とは、ほぼ人件費だとも言えるのかもしれません。

山林の崖、地層

山といえば、山土です。 これは園芸用土として有名です。 必ず、必要とされてきます。土は資産です。土ができるためには、火山灰土が細かく砕かれて、それに有機物が混じってできていきます。 土が作られていく過程は、山の中で見ることができます。 秋になり、落ち葉が落ちて、小さい昆虫や、微生物に分解されて、それが土壌を豊かにし、また、翌年、木が成長するための栄養となります。 そうしていくうちに、木々が大きく育ち、たくさんの葉を茂らせて、豊富な有機物を堆積させていきます。 これが、何百年と続いていき、やっと、山の土が出来上がります。

山林の売買−山を買う方法、購入するには?

山林を売買する方法、買うためにはまず何を調べなければいけないのか? 山林を売買するにあたり、特に買う場合においては、調べることが山積みです。できれば専門家に相談しながら行うのが一番いいのですが、それでも、自分で調べる、探すことから始まりますし、任せっきりではあまりよくありません。 何を調べればいいのかを調べるところから始まります。。山林を探す方法について まず、山林を探します。これが一番大事です。できれば、インターネットで業者が見ているような情報を見れたらいいのですが、そういうものはそもそも山林という土地では需要が非常に少ないため、皆無に等しいです。ただ、いくつかの企業が山林を専門に不動産情報を提供しているものがあります。また、少ないですが、公的な機関から買える山林の情報が出ていたりすることもあります。

山林を買ったら崖!崖崩れ防止擁壁の種類

山林は山だけあって、斜面になっています。通常はなだらかな斜面となり、それが平地へと続いていくのですが、それほど広大な山林があるほうが 少なく、だいたいは、山林を一部切り崩して、道路にしたり、宅地にしたりしています。そういうところでは、斜面は直角に近い角度で切り取られています。 切り崩す時は造成工事が必要となります。 許可もいります。山を単純に一部、垂直に削りとるだけなら、岩山でもない限りは作業自体は簡単にできてしまいます。柔らかい黒土でできているわけですから。

山林を競売で - 競売物件が安い理由とは?

山林を競売物件で手に入れるという方法です。 競売物件検索サイトがあります。 そこでは、 条件を付けて検索して、条件にあった物件があるとメールで通知がくるようにもできます。 これはすごいことですね。毎週のように新しい山林がどんどんと競売にかけられていきます。それが見れるわけですから時代も進歩しました。








おすすめの商品



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOG HOUSE MAGAZINE (ログハウスマガジン) 2016年 11月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バロB ログ壁92mm(約7.7坪)
価格:3266000円(税込、送料別) (2016/11/27時点)






大根デジタルトマトフィルム現像レトロ写真の撮り方クロスバイク普及委員会壁のサイト


(C) 山林のサイト All Rights Reserved.